ホーム新着広告サイトから広告を選択する種類別に広告を選択する広告のつけ方宣伝方法サイトマップお問い合わせ
DTIアフィリエイト・広告素材集ホーム種類別広告ポップアップ&アイフレームの案内ポップアップの設定方法
ポップアップの設定方法
*基本的な広告の貼り方は、こちらをご参照下さい。
1.ウィンドウが開いたときにポップアップを表示させるコード
Step 1: 下のソースコードを選択しコピーして下さい。
<script language="JavaScript"><!--
window.open('http://click.dtiserv2.com/Click/1-23-xxxxx','window1','width=???,height=???');
//--></script>
Step 2: <head>と</head>の間にそれを貼り付けて下さい。(間ならどこでも構いません)
Step 3: Clickの部分を、使用したい広告のClick番号に変更して下さい。
Step 4: width=???,height=???の部分を、使用したい広告のサイズにあわせて変更して下さい。
Step 5: xxxxxをご自身のIDに変更すれば完成です。
例)あなたのIDが例えば14188として、番組ローテーションタイプのClick6の広告(サイズ:502x340)を使う場合のコード
<head>
<script language="JavaScript"><!--
window.open('http://click.dtiserv2.com/Click6/1-23-14188','window1','width=502,height=340');
//--></script>
</head>
2.ウィンドウが閉じたときにポップアップを表示させるコード
Step 1: 下のソースコードを選択しコピーして下さい。
<script language="JavaScript">
function Leave(){window.open("http://click.dtiserv2.com/Click/1-23-xxxxx","widnow1","width=???,height=???"); }
</script>
Step 2: <head>と</head>の間にそれを貼り付けて下さい。(間ならどこでも構いません)
Step 3: Clickの部分を、使用したい広告のClick番号に変更して下さい。
Step 4: width=???,height=???の部分を、使用したい広告のサイズにあわせて変更して下さい。
Step 5: xxxxxをご自身のIDに変更して下さい。
Step 6: <body>タグの中に、onunload=Leave()というコードを入れて完成です。
例)あなたのIDが例えば14188として、番組ローテーションタイプのClick6の広告(サイズ:502x340)を使う場合のコード
<head>
<script language="JavaScript">
function Leave(){window.open("http://click.dtiserv2.com/Click6/1-23-14188","widnow1","width=502,height=340"); }
</script>
</head>
<body onunload=Leave()>

</body>